個別受注生産工場での日程、負荷《計画スケジューリング》/進捗、実績《作業実績進捗管理》/原価《コスト管理》を「見える化」する、生産スケジューラ/工程管理システム「DIRECTOR6」

ホーム » イベント » 個別受注設計生産のための営業・設計・生産の業務改革

個別受注設計生産のための営業・設計・生産の業務改革

引合から設計・調達・生産における情報とモノの見える化による一気通貫生産

  • 個別受注設計生産における問題の真の原因と解決策は何か?
  • 営業から設計・生産までの一気通貫体制を確立するためには何をすべきか?
  • 個別受注設計生産における、真の見える化とは何か?

本セミナーでは、さまざまな個別受注生産の製造業のお客様に対するシステム導入の経験をもとに、引合から設計・工場を経てお客様への納品までが一つの情報でつながった一気通貫体制の確立と、真の見える化を実現するための考え方、ならびに問題解決のためのソフトウェア・パッケージの紹介をいたします。

※本セミナーは株式会社構造計画研究所様主催のセミナーとなります。

日時 会場  
【東京会場】
2011/09/15(木)
13:30-17:00 (13:00受付)
株式会社構造計画研究所 本所新館レクチャールーム
東京都中野区中央4-38-13
丸の内線新中野駅 1番出口 徒歩約1分
申込み
【名古屋会場】
2011/09/20(火)
13:30-17:00 (13:00受付)
ウインクあいち 12F(1207)
名古屋市中村区名駅4-4-38
JR名古屋駅桜通口から ユニモール地下街
5番出口 徒歩約2分
申込み
【大阪会場】
2011/09/21(水)
13:30-17:00 (13:00受付)
野村コンファレンスプラザ大阪御堂筋 B1(A&B)
大阪市中央区瓦町3-5-7
御堂筋線、中央線、四つ橋線 本町駅 
1番出口 徒歩約3分
申込み

プログラム

13:00 受付開始
13:30~13:40 オープニング
  1部 引合から設計・調達・生産・納品までの一気通貫体制の確立
 13:40~14:00
(10分休憩)
個別受注設計生産のプロセスは、仕様決定・設計・調達・生産がコンカレントに進行します。そのため仕様決定や設計の遅れが生産スケジュールの圧迫につながり、仕様変更や設計変更が手戻りや原価の上昇に直結します。また、情報の連携不足が現場の混乱を招き、仕様違いや品質不良・クレームの原因となります。 
これらの問題を解決するためには、仕様選定・設計・生産の情報を一元的に連携させ、真の見える化を実現する必要があります。
個別受注設計生産において、どのような情報を、どのような考え方でつなげば一元化が実現できるのかを解説します。 
(株式会社構造計画研究所)
  2部 情報とモノの停滞を改善するシステムとその導入事例
14:10~15:00
(10分休憩)
2-1 引合から設計までの情報の流れを作る
コンフィグレータシステム「KKE/OrderConfig」と導入事例
個別受注設計生産の問題の原因は、ほとんどが仕様決定から設計の間に埋め込まれます。価格決定後の仕様増、思い込みや説明不足による仕様変更、設計仕様適否の誤判断による設計不可能な仕様決定、図面再活用の難しさによる新図の乱発、出図の遅れ・・・。これらすべてが、工期圧迫と原価増大に直結し、品質不良を誘発します。
正しい設計情報に基づく確実で迅速な仕様選定と、既存図面の活用拡大による設計時間の短縮を実現するKKE/OrderConfigをご紹介します。
(株式会社構造計画研究所)
15:10~16:15 2-2 工程管理を見える化しモノの流れをつくる
個別受注生産専用生産スケジューラ/工程管理システム「DIRECTOR6」と導入事例
「日程・負荷・進捗・実績・原価」の「過去・現在・未来」を『見える化』することにより、個別受注生産工場の抱える問題を解決し、リードタイム短縮・コスト削減・生産効率の向上などに効果を発揮するDIRECTOR6をご紹介します。
MRPや量産型のスケジューラでは実現できないソリューションを ご確認ください。
新製品「ConMas」(製造現場における手書き図面、帳票デジタル化ソリューション)についてもご紹介します。
(株式会社シムトップス)
16:15~16:30 質疑応答

資料請求

導入事例

土井精工株式会社様の事例 三菱電機株式会社 福山製作所 生産システム推進部 加工技術課様の事例 株式会社サカブン様の事例 トヨタ自動車株式会社様の事例 株式会社デンソーエアシステムズ様の事例