個別受注生産工場での日程、負荷《計画スケジューリング》/進捗、実績《作業実績進捗管理》/原価《コスト管理》を「見える化」する、生産スケジューラ/工程管理システム「DIRECTOR6」

ホーム » DIRECTOR6 » 原価が見える!

工程管理システム/生産スケジューラ DIRECTOR6なら「原価が見える!」

最新の計画、進捗、実績と原価を統合して把握できる原価管理機能

  • 機械、作業者の原価を把握
  • 資材や外注作業の原価を把握
  • 原価を、見積受注、ベースライン計画、最新計画、最新実績、最新予測と5つのフェーズで比較できる原価予実対比ビュー機能

製作途中において、実際の原価がいくらになっているのか?受注金額に対してどうなのか?この先、赤字なのか黒字になるのか?など、原価を素早く把握する、また、過去の類似の原価情報を参照、流用、分析するなど原価の見える化個別受注生産において重要な課題です。

DIRECTOR6の原価管理機能は、個別受注生産における『原価の見える化』を支援します。

機械工数、作業者工数と資材、外注費すべて網羅した原価把握

工程計画データ、実績進捗データと完全連動したアクティビティレベル、もっと詳細のタスクレベルでも、機械工数、作業者工数の工数積算で原価を把握することができます。また合わせて資材及び外注の発注・検収・受入管理と連動した資材、外注の原価も同時に把握可能です。

原価は、受注原価(見積原価)、計画原価、ベースライン計画原価、実績原価最新予測原価 と5つのフェーズでの比較が可能です。

すべてを網羅した原価把握

 

受注オーダ別原価を見える化する予実対比原価管理ビュー

オーダ別の原価は、受注原価(見積原価)、計画原価、ベースライン計画原価、実績原価、最新予測原価の5つのフェーズでの照会、比較が可能です。これらは、トップオーダ別、オーダ別、部品別、基本工区別、作業工程別、工数明細別にサマリアップ、ドリルダウンしての表示が可能です。また、各段階での原価の状況は、4色の信号表示でステータスを確認することができます。

 
 

受注オーダ別原価を見える化する予実対比原価グラフ

受注原価(見積原価)、計画原価、ベースライン計画原価、実績原価最新予測原価 の5つの フェーズ毎に各状況を原価費目での棒グラフ、円グラフで表示、出力します。